アライ クラシック エアー。 アライ CLASSIC AIR BLITZ(クラシック・エアー ブリッツ) ジェットヘルメット Arai HELMET :CLASSIC

ハイエンドなビンテージモデル アライ(arai)のRAPIDE

アライ クラシック エアー

そうなんです。 これによりあの「スネル規格」もクリアしています。 しかし、負圧による換気の効果は想像よりも高いので、ぜひとも体感していただきたいですね。 内装を取り外せる Classic Airの取り外せる内装。 アライ arai RAPIDE-NEO〈ラパイド・ネオ〉のオプション品 「RAPIDE-NEO」には様々なオプションパーツがそろっています。 まるでApple社のようですが、このAirがMODの課題をよく解決してくれてるんですよね。 「ベンチレーション」とは換気用の穴のことです。

次の

アライのヘルメットCLASSIC MOD クラシックモッドを独自に評価

アライ クラシック エアー

」などどちらかというと「RAPIDE-NEO」の発売を心待ちにしていたユーザーが多いので、ほとんどが「RAPIDE-NEO」のデザインと機能性の高さを称賛しています。 実は「RAPIDE-NEO」には、今回アライ初といわれる「インナーベンチレーションシステム」が採用されています。 実は頭頂部にエアの通り道があった! ベンチレーション機能が超絶に優れた最新のヘルメットを見慣れた目には、頭部にエアインレットのまったく見当たらないラパイド・ネオのデザインは新鮮ながらも一抹の不安を禁じ得ない。 レース志向の人も、ツーリング好きも、街乗りライダーも、みんな嬉しい3種類のアライ新型ヘルメット 春から夏は新型バイクが発表・発売される時期であるとともに、各社ヘルメットの新作が発表される時期でもある。 ファッション重視のスタイルですのでグラフィックモデルも4パターン出ています。 「ベンチレーション」があることで、外から走行風を取り入れヘルメット内の熱気を排出してくれます。 北米、欧州、東南アジアなどそれぞれの国のバイクには流行りがあります。

次の

アライが新型オープンフェイスヘルメット「クラシック・エアー」を発売 クラシックなデザインと優れたエアフロー性能を融合

アライ クラシック エアー

また、内装には着脱式の専用設計システム内装「CLASSIC-AIRシステム内装セット/イヤーカップ」を採用した。 汎用のバブルシールドなので、アライのクラシックmodだけでなくショウエイやOGKカブトのヘルメットにも取り付ける事ができます。 また、ツーリングライダーに必須といえるプロシェードシステムも装着可能ですし、レバーを使ってシールドをしっかりロックする「VAS-V ロック」など、利便性も同社の他のフルフェイスモデルと比べても決してひけをとらない仕様。 アライ arai RAPIDE-NEO〈ラパイド・ネオ〉の歴史 初代「RAPIDE」が発売されたのは、いよいよバブルが盛り上がろうとしていた1984年頃です。 このアンケートはオリジナルサイトで参加できます。 これによりライダーが蒸れを感じることがありません。 また、取り外せるようになったことで、オプションとして交換用の内装が販売されることも期待できます。

次の

アライのヘルメットCLASSIC MOD クラシックモッドを独自に評価

アライ クラシック エアー

アライ arai RAPIDE-NEO〈ラパイド・ネオ〉はどんなバイクに似合うか こちらでは「RAPIDE-NEO」に最適ではないかと予想されるバイクについてご紹介させていただきます。 帽体にデザインの邪魔となるエアダクトはありませんが、こちらもラパイド・ネオ同様、エアライナーとスリットによって、ヘルメット内の空気を効率よく排出させることができるとのこと。 1980年代風のオーセンティックなデザインで、最近ハヤリのネオクラシックバイクにもピッタリ似合うアライのラパイド・ネオ。 今回のフルモデルチェンジは「原点回帰」といわれるくらいに80年代風のデザインを取り入れています。 ところがその後多くのユーザーの「RAPIDE」シリーズへの根強い再生産への要望がアライに寄せられることになります。 アライ arai RAPIDE-NEO〈ラパイド・ネオ〉の設計ポイント 「RAPIDE-NEO」の設計の1番のポイントは、「ネオ・クラシック」系のバイクに最適なヘルメットを提供することです。 なんだか蒸れそう……。

次の

アライ CLASSIC AIR BLITZ(クラシック・エアー ブリッツ) ジェットヘルメット Arai HELMET :CLASSIC

アライ クラシック エアー

この最新作は、画期的な機構を2つ採用しています。 クラシックなヘルメットにエアインレットがないのはむしろ当たり前かもしれないけれど、そこはせっかくのアライのフルフェイスなんだし、やっぱりしっかりしたベンチレーションはあってほしい。 快適さとメンテナンス性を高めた画期的な「クラシック」が誕生! 2020年3月19日(金)、アライヘルメットが2020年の新モデル「CLASSIC AIR」(クラシック・エアー)を発表しました。 アライ ラパイド・ネオのファーストインプレッション ヘルメットに全く詳しくない人が「RAPIDE-NEO」をパッと見た印象は、おそらく「80年代かよ?」と思わず一言いってしまうような印象でしょう。 実はそれまで東京の小売店には全国から「RAPIDEのヘルメットはありませんか?」との問合せが後を絶たずに途方にくれていたといわれています。 また、 ショウエイはJIS規格製品とJIS規格+SNELL規格でサイズが異なります。

次の

【楽天市場】(ヘルメット バイク) ARAI (アライ) クラシックエアー ブリッツ ブラウン/57 (予約商品 2020年7月下旬以降発売予定):バイク・バイク用品のレオタニモト

アライ クラシック エアー

ご存知のように最近フルモデルチェンジされたバイクの中には、クラシカルなデザインになって市場に戻ってきているものも増えています。 エアフローライナ・ベンチレーションとは、走行風の負圧により、ヘルメット後部に設けられた2か所のスリットから内部の熱気を排出するもので、フルフェイスヘルメットのラパイド・ネオに既に搭載済み。 また走行風も入ってこないように設計されている為、非常に快適にツーリングを楽しむことができます。 期待通り いやそれ以上の性能を持ったヘルメットでした。 純正のシールドは留め金で取り付けるタイプです。 軽い フルフェイスのZ7は当たり前として、同じようなサイズのジェットヘルと比べても軽いです。

次の

アライのジェットヘルメット「Classic Air」が、かなり気になる。

アライ クラシック エアー

価格は、単色モデルが3万5000円、グラフィックモデルが4万1000円(いずれも税別)で、サイズは55-56、57-58、59-60、61-62(各cm)を用意。 どちらも昨今、世界的なブームを巻き起こしているネオレトロ、スポーツヘリテイジに似合うものとなっています。 。 また後に「ツーリング系最高峰モデル」として「ASTRAL」シリーズがラインナップに加わります。 僕のようにすぐに頭が痒くなるタイプには最高の装備といえそうです。 (文:佐賀山敏行/写真:星野耕作) by カテゴリー : , , タグ : ,. ぜひバイク店などで試着してみてほしいです。

次の