たか を くくる 短文。 【高を括る】の意味と使い方の例文(慣用句)

【高を括る】の意味と使い方の例文(慣用句)

たか を くくる 短文

試合相手の実力が、自分よりも低いと「侮って」いたために油断した結果、敗退に終わり、後悔の念に駆られてしまう様子を表わします。 鷹を休ませるときには移動式の止まり木に留まらせ、足に巻きつける足革という留め具に紐を結んで、紐を何かに結わえ付けておいたことだろう。 (一石の米を作るには150坪くらいの広さが必要と考えてください。 「馬が合う」とは、馬と乗り手の呼吸がピッタリと合って、快く走ることが出来る姿を表しています。 話を元に戻そう。

次の

【たかをくくる】意味と使い方をわかりやすく解説!【例文あり】

たか を くくる 短文

しかし、大切な物事であるにも関わらず、高を括ることで重要な点を見過ごしてしまい、深い後悔の念に包まれることがあります。 「高を括る」の類義語・同義語 「高を括る」の類義語・同義語にはどのようなものがあるでしょうか。 - () - 今日始めなかったことは、明日終わることはない。 作業を取り囲む外部環境の変化のため、作業の進め方が複雑になるケースもあります。 ようするに、 「結果が予想していたものと違っていれば」使えるということになりますね。

次の

【たかをくくる】の例文集・使い方辞典

たか を くくる 短文

数々の警告に耳を塞ぎ、自分が会社にいる間には大地震など起きまい、津波など滅多に起きまい、万一起きても大した被害にはなるまい、と「たかをくくり」津波対策をしなかった結果の大災害。 かぎり」「生産量」などの意味で使われています。 武士としては恥ずべきことであったに違いない。 恐れるに足りない相手としてみる。 このため、作業の完了時期が計画どおりに進まない事態を招くことが少なくありません。

次の

【短文】の例文や意味・使い方

たか を くくる 短文

高(たか)の意味するもの 通説では、この慣用句の中のタカは「高」 である。 養える分しか動員できないからである。 漢字文化が日常生活の中で根付く過程で、漢字の持つ意味を活かした難しい日本語が数多く用いられてきました。 つまり、物事の程度を真剣に把握せずに、軽視し見過ごしても影響が及ぶことが無いと判断する様子を表わしています。 このことわざが含む意味は、「高を括る」という言葉を発するタイミングによって少し異なります。 「自分がたかをくくっていなければ、こんな結果にはならなかっただろう」• もくじ• 現代では多く「たかをくくる」の形で用いる。 」「見くびる。

次の

「自覚が足りない」の意味とは?例文や使い方を紹介!

たか を くくる 短文

ことわざを拠り所にすることで、人生の難局を乗り越える糧になることがあります。 たかをくくるの使い方・例文! では早速、例文をみていきましょう。 齋藤氏の生産高は過大評価される可能性も過少評価される可能性もある。 しかし実際に使う場面では仕事上や責任の大きい立場・状況であることが多く、自分のことをわきまえるといった解釈もされます。 自分のチカラを過信するあまり、相手の実力を軽んじる軽率な振る舞いをした結果、相手の実力が自分のチカラを上回っていて敗退を喫してしまい、悔いる姿は、たかをくくる姿と言えます。

次の

「たかをくくる」の意味とは?類語や使い方も解説(例文あり)

たか を くくる 短文

特に、仕事の場面では、安易な判断でたかをくくることは避けなければなりません。 「木で鼻をくくる」は英語だと次のように言います。 「過大視(かだいし)」も、「買いかぶる」と同じで、 現実よりも大きく、高く評価することを言います。 噂をすれば影が差す 「噂をすれば影が差す」とは、その人のうわさ話をしていると不意に、その本人が現れることを意味しています。 「高を食う」という言葉は存在せず、言葉の意味も特にありません。 自分自身が、たかをくくられることのないように日々精進していきたいものですね。 通説は「たかをくくる」におけるタカとは石高の意味であり、戦国時代に敵国の実力を実際よりも低く見積もることを指したのだ、と主張するのだ。

次の

木で鼻をくくるの意味とは?語源や例文・類語も解説

たか を くくる 短文

「焼け石」で例えている、問題の深刻度を全く把握しないまま、「水」で例えている「的外れの対策」を立ててしまい、解決できない様子を表しています。 こちらも正しい使い方ですよ。 石高が高いほど、実力があるということになりますね。 しかし、猟場についても、まだ獲物は現れまいと根拠のない推量をし、鷹が逃げないように括り付けたままにしていれば、不意に現れた獲物をみすみす取り逃がすことになる。 語句というのは、仏教用語由来のものを除いては必ずといってよいほど、生活にまつわる具体性を帯びたものごとから生まれてくる。

次の

たかをくくるの意味とは?その使い方や例文は?

たか を くくる 短文

相手が持つ本来のチカラを的確に把握せずに、安易な思い込みで評価してはいけないのです。 どうもこの慣用句からの類推あるいは混同で、タカという言葉を高の意味と解釈して、高の字を当てて書く人が出てきたのではないか。 念のために書くが、クビルとククルは音が似ている上、括ると書いてクビルと読ませる例もあるが、意味は異なる。 お互いに気心が合う 「気心」とは、持って生まれた性格や考え方、感性を意味しています。 そう推理する根拠として、国語大辞典言泉の次の記述を示そう。 」のように使います。

次の