門司 税関 逮捕。 田上雅臣の顔画像やフェイスブック!税関職員の住居侵入は強盗目的?

税関職員

門司 税関 逮捕

しかしや国際の等において近接した場所で近似したデザインの制服等で職務を行うことが多いこと、また、組織の歴史と社会的認知度において税関が事実上優位にあるため、地方出入国在留管理局(・)を指して税関(職員)であると誤認・呼称する人は少なくない。 【犯則物件】 覚醒剤30袋 約3.9キログラム(薬物乱用者の通常使用量で約13万回分) 【東京税関】スウェーデン人男性による覚醒剤密輸入事件を摘発(令和元年12月27日発表) 東京税関成田税関支署と千葉県成田国際空港警察署は、令和元年12月14日、ドイツ連邦共和国から入国したスウェーデン人男性が、覚醒剤を密輸入しようとしたところを発見・摘発して、関税法違反、覚せい剤取締法違反で現行犯逮捕し、同月15日、身柄を千葉地方検察庁に送致した。 犯則嫌疑者乙は、平成30年9月から同年12月の間、 アップル イン コーポレイテッドの商標権を侵害するケーブル等 6499個 を収納した航空小口急送貨物及び国際郵便物を計6回に亘り中国から輸入しようとしたが、東京税関職員による輸入検査で発見されたためその目的を遂げなかったものである。 犯則物件 検査日 差出国 差立日 到着地 郵便種別 (1)大麻 8月27日 ドイツ連邦共和国 8月25日 成田国際空港 書留郵便 (2)MDMA 9月2日 オランダ王国 8月30日 成田国際空港 通常郵便 (3)MDMA 10月3日 オランダ王国 10月2日 成田国際空港 通常郵便 (4)MDMA 10月3日 オランダ王国 10月2日 成田国際空港 通常郵便 (5)LSD 10月10日 オランダ王国 10月5日 成田国際空港 通常郵便 (6)LSD 10月13日 オランダ王国 10月10日 成田国際空港 通常郵便 (7)大麻 10月18日 ドイツ連邦共和国 10月15日 成田国際空港 通常郵便 【参考(適用法条)】 関税法第109条第3項、第1項 (輸入してはならない貨物を輸入する罪(未遂)) 10年以下の懲役若しくは3千万円以下の罰金又は併科 【大阪税関】マレーシア来航空旅客(マレーシア人)による大量覚醒剤密輸入事件を摘発!!(平成30年12月5日発表) 大阪税関関西空港税関支署は、平成30年11月14日、マレーシアからのマレーシア人男女が身辺に隠していた覚醒剤を摘発し、大阪府関西空港警察署と共同調査の上、本年12月3日、関税法違反容疑にて大阪地方検察庁に告発した。 に規定する職員ではなく 、に規定するでもない。 (2)第2事実 犯則嫌疑者らは共謀の上、平成26年6月25日、食料品等1,528箱を北朝鮮に輸出するに当たり、横浜税関山下埠頭出張所長に対し、最終仕向地がシンガポール共和国である旨の虚偽の申告をして同月26日、輸出の許可を受け、同月30日、同申告貨物を輸出したものである。 1 犯則物件 グローブライド株式会社の商標権を侵害する 帽子 6点 タオル 5点 グローブ 16組 合計11点と16組 2 事件の概要 犯則嫌疑者は、国際特定記録郵便物を利用して、令和元年10月から11月の間、合計7回にわたり、中華人民共和国から上記の犯則物件を密輸入しようとしましたが、横浜税関川崎外郵出張所職員による郵便物に対する検査で発見されました。

次の

各税関の摘発事件発表(平成30年) : 税関 Japan Customs

門司 税関 逮捕

【犯則物件】 覚醒剤であるフェニルメチルアミノプロパン塩酸塩 合計1,864. 【犯則物件】 覚醒剤であるフェニルメチルアミノプロパンの塩酸塩の結晶 0.46グラム 【事件の概要】 犯則嫌疑者は、台湾から大型クルーズ船(スーパースターアクエリアス号)を利用し、上記犯則物件を本邦に密輸入しようとしたが、平成30年9月18日、那覇港に到着した際の税関検査において発見され、その目的を遂げなかったものである。 犯則嫌疑者両名は、香港から金地金を税関長の許可を受けずに輸入し、これに対する消費税及び地方消費税を免れようと考え、平成29年11月3日、自動車用サスペンションに隠匿した金地金200キログラムを税関長の許可を受けることなく不正に輸入し、消費税及び地方消費税を免れ、また同月6日、自動車用サスペンションに隠匿した金地金220キログラムを税関長の許可を受けることなく不正に輸入しようとし、消費税及び地方消費税を免れようとしたが、税関職員に発見・摘発されたものである。 【名古屋税関】覚醒剤密輸入事件を告発(平成31年1月17日発表) 名古屋税関中部空港税関支署は、カンボジア王国からベトナム社会主義共和国等において乗り換え、中部国際空港に到着した日本人男性旅客が覚醒剤を密輸入しようとしたところを摘発し、愛知県中部空港警察署との共同調査により、平成31年1月15日、関税法違反嫌疑で名古屋地方検察庁に告発しました。 182グラム(正味重量) 【事件の概要】 犯則嫌疑者は、マレーシアから国際宅配貨物を利用し、電子機器の部品内部に隠して覚醒剤を密輸入しようとしましたが、令和元年10月3日、関西空港税関支署職員による税関検査で発見されました。 【大阪税関】ネパール連邦民主共和国来航空旅客(タイ人)によるコカイン密輸入事犯を摘発!!(令和元年10月2日発表) 大阪税関関西空港税関支署は、令和元年9月10日、ネパール連邦民主共和国から関西国際空港に到着したタイ人旅客が、コート4着内に分散隠匿し、スーツケースに収納した上、本邦に密輸入しようとした麻薬であるコカインを発見し、大阪府関西空港警察署と共同調査の上、同月30日、関税法違反容疑にて大阪地方検察庁に告発した。 64グラム 【神戸税関】大麻草密輸入事件を告発(令和2年6月10日発表) 神戸税関は、アメリカ合衆国来の国際特定記録郵便物を利用した大麻草密輸入事件に関して、兵庫県警察本部薬物銃器対策課及び兵庫県芦屋警察署と共同調査(捜査)を実施し、日本人男性1名を関税法違反で神戸地方検察庁に告発しました。

次の

田上雅臣の顔画像やフェイスブック!税関職員の住居侵入は強盗目的?

門司 税関 逮捕

1 犯則物件 覚醒剤 832. 【犯則物件】 ・大麻草 合計1496. 犯則嫌疑者らは、平成29年10月4日、成田国際空港に到着した際、手荷物用運搬カートに取り付けた金属製ケース内に金地金18個(約18キロ)を隠匿して不正に輸入し、消費税及び地方消費税約660万円を免れたものである。 【犯則物件】 (1)平成28年5月21日輸出 盗難被害品である普通乗用自動車 2台 (2)平成28年7月22日輸出 盗難被害品である普通乗用自動車 4台 【事件の概要】 犯則嫌疑者らは、共謀のうえ、税関長の許可を受けずに、パキスタン・イスラム共和国向けに盗難自動車を輸出しようと企て、何ら税関長の許可を受けていない盗難自動車6台をコンテナ3本(各コンテナに2台)に収納し、平成28年5月21日及び同年7月22日、それぞれ外国貿易船に船積みさせ、もって税関長の許可を受けずに貨物を輸出したものです。 84g (3)麻薬であるケタミンの塩類を含有する結晶 0. 被疑者らは、東京国際空港に到着した際、 甲 覚醒剤 約750グラム 乙 覚醒剤 約750グラム を着用下着内等に 隠匿して密輸入しようとしたが、税関検査において、発見・摘発されたものである。 【参考(適用法条)】 関税法第109条第3項、第1項 関税法第69条の11第1項第1号 (輸入してはならない貨物を輸入する罪(未遂)) 【10年以下の懲役若しくは3千万円以下の罰金又は併科】 関税法第118条第1項本文 関税法第146条第2項第1号 【名古屋税関】オーストリア人男性旅客による覚醒剤密輸入事犯を告発!(令和元年12月16日発表) 名古屋税関中部空港税関支署は、令和元年12月16日、オーストリア人男性旅客がオーストリア共和国から覚醒剤を密輸入しようとしたところを摘発し、愛知県警察との共同調査により、関税法違反嫌疑で名古屋地方検察庁に告発しました。 【犯則物件】覚醒剤であるフェニルメチルアミノプロパン塩酸塩 合計1,585. 【門司税関】向精神薬密輸入事件を告発(平成30年9月26日発表) 門司税関は、インドからの書留郵便物を利用した向精神薬密輸入事件について、福岡県行橋警察署と共同調査(捜査)を実施し、本日、日本人男性1名を関税法違反で福岡地方検察庁小倉支部へ告発しました。

次の

各税関の摘発事件発表(令和2年) : 税関 Japan Customs

門司 税関 逮捕

【横浜税関】国際郵便路線を利用した米国来大麻密輸入事件の告発について(平成30年5月22日発表) 横浜税関は、アメリカ合衆国から国際郵便物を利用した大麻密輸入事件について、神奈川県警察本部薬物銃器対策課及び神奈川県加賀町警察署と共同調査を実施し、平成30年5月22日、日本人男性3名を関税法違反で横浜地方検察庁へ告発しました。 【名古屋税関】大麻の密輸入事件を告発しました(平成30年3月27日発表) 名古屋税関は、東海北陸厚生局麻薬取締部と共同で調査を実施し、平成30年3月23日、大麻を密輸入しようとした次の人物について、関税法違反で名古屋地方検察庁に告発しました。 被疑者は、成田国際空港に到着した際、 覚醒剤 14.33グラム を着用ズボンのポケットに 大麻 40.88グラム を携行黒色バッグ内にそれぞれ隠匿して密輸入しようとしたが、税関検査において、発見・摘発されたものである。 【犯則物件】 麻薬であるリゼルギン酸ジエチルアミド(別名リゼルギド)を含有する紙片(通称LSD)1枚(40片相当のもの0.46グラム) 【事件の概要】 犯則嫌疑者らは、通常郵便物を利用して前記犯則物件をオランダ王国から本邦に密輸入しようとしたが、平成30年10月26日、横浜税関川崎外郵出張所職員による外国郵便物輸入通関検査で発見され、その目的を遂げなかったものである。 【大阪税関】コロンビア共和国来航空機旅客(台湾人)によるコカイン密輸入事犯を摘発!!(令和2年2月13日発表) 大阪税関関西空港税関支署は、令和2年1月18日、コロンビア共和国から関西国際空港に到着した台湾人旅客が、木製角質リムーバー93本内に分散隠匿し、スーツケースに収納した上、本邦に密輸入しようとした麻薬であるコカインを発見し、大阪府関西空港警察署と共同調査の上、同年2月6日、関税法違反容疑にて大阪地方検察庁に告発した。

次の

門司税関出張所所長“住居侵入”逮捕(RKB毎日放送)

門司 税関 逮捕

被疑者は、平成30年9月10日、タイ王国からタイ航空第642便に搭乗して成田国際空港に帰国した際、携行スーツケース内に隠匿されたワシントン条約に該当する動物等を税関の許可を受けずに輸入しようとしたが、税関検査において発見・摘発されたものである。 この件については、大阪府警察本部刑事部薬物対策課及び大阪府関西空港警察署と共同調査の上、同年7月8日、関税法違反容疑にて大阪地方検察庁に告発した。 【東京税関】中国人男性による指定薬物密輸入事件を摘発(平成31年3月20日発表) 東京税関成田税関支署と千葉県成田国際空港警察署は、平成31年2月28日、中華人民共和国香港特別行政区から入国した中国人男性が、指定薬物を密輸入しようとしたところを摘発して、関税法違反及び医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律違反で現行犯逮捕し、同年3月1日、身柄を千葉地方検察庁に送致した。 【犯則物件】 麻薬であるコカインの塩酸塩を含有する白色粉末 0.24グラム 【事件の概要】 犯則嫌疑者は、コカインを本邦に密輸入することを企て、令和元年9月27日(現地時間)、香港所在の香港国際空港において、航空機に搭乗して同空港を出発し、同日午後8時頃、那覇空港に到着し、前記犯則物件を隠匿して密輸入しようとしたが、税関検査において発見・摘発されたものである。 1 犯則物件 覚醒剤 5. 【犯則物件】 (1)大麻 2.56グラム (2)コカイン 2.96グラム 【事件の概要】 犯則嫌疑者は、氏名不詳者らと共謀の上、上記犯則物件を輸入することを企て、 第1 西暦2018年11月28日(現地時間)、オランダ王国から、上記犯則物件(1)を内包した通常郵便物1通を同人住居宛に発送し、平成30年12月4日、横浜税関川崎外郵出張所職員による検査を受けさせ、関税法規定の輸入してはならない貨物である大麻を輸入しようとしたが、同出張所税関職員に発見され、その目的を遂げなかった 第2 西暦2019年1月28日(現地時間)、カナダから、上記犯則物件(2)を内包した通常郵便物1通を同人住居宛に発送し、平成31年1月31日、横浜税関川崎外郵出張所職員による検査を受けさせ、関税法規定の輸入してはならない貨物であるコカインを輸入しようとしたが、同出張所税関職員に発見され、その目的を遂げなかった ものです。

次の

税関職員

門司 税関 逮捕

この件については、大阪府大阪水上警察署及び大阪府警察本部刑事部薬物対策課と共同調査の上、国際宅配貨物を利用し覚醒剤を輸入しようとした香港人を同年4月17日、関税法違反容疑にて大阪地方検察庁に告発した。 また、調査の結果、事件に関与したとされるスリランカ人男性ら(6名)が判明、愛知県警協力の下、関税法違反として逮捕しました。 【横浜税関】国際郵便路線を利用したノルウェー王国来麻薬密輸入未遂事件の告発について(平成30年5月7日発表) 横浜税関は、神奈川県厚木警察署と共同調査中の麻薬密輸入未遂事件について、平成30年5月7日、日本人男性1名を関税法違反事実で横浜地方検察庁に告発しました。 045グラム(正味数量) (2)大麻 11. 90グラム 【事件の概要】 犯則嫌疑者(1)、(2)及び(3)は共謀の上、タイ王国から本邦に覚醒剤を輸入することを企て、2019年9月28日(現地時間)、同国所在のドンムアン空港から航空機に搭乗して出発し、令和元年9月28日午前7時24分ころ、福岡空港に到着した後、同(1)及び(2)にあっては、それぞれの体腔内に隠していた関税法規定の輸入してはならない貨物である 覚醒剤 合計 約297. 2グラム)を密輸入しようとしたところを摘発し、大阪府関西空港警察署と共同調査の上、本年1月10日、関税法違反容疑で大阪地方検察庁に告発した。 不正薬物 【門司税関】国際郵便物を利用したアメリカ合衆国来大麻密輸入事件を告発(令和2年6月25日発表) 門司税関は、国際郵便物を利用したアメリカ合衆国来大麻密輸入事件について、九州厚生局麻薬取締部及び福岡県警薬物銃器対策課と共同調査(捜査)を実施し、本日、犯則嫌疑者を関税法違反で福岡地方検察庁へ告発した。

次の

税関職員

門司 税関 逮捕

【大阪税関】日本人男性による指定薬物「一酸化二窒素(通称:シバガス)」密輸入事件の告発(平成30年10月4日発表) 大阪税関関西空港税関支署は、平成30年5月1日、日本人男性が、国際貨物便にてアメリカ合衆国から本邦に密輸入しようとした指定薬物である「一酸化二窒素(通称:シバガス)」(金属製ボンベ入り合計220本)を発見し、関税法違反犯則事件として摘発し、 大阪府関西空港警察署と共同調査の上、平成30年7月31日、関税法違反で大阪地方検察庁堺支部に告発した。 【犯則物件】 覚醒剤であるフェニルメチルアミノプロパンの塩酸塩の結晶 2,848.9グラム 【事件の概要】 犯則嫌疑者は、覚醒剤を本邦に密輸入することを企て、平成30年12月16日(現地時間)、ベトナム社会主義共和国所在タンソン ニャット国際空港から、台湾所在の台湾桃園国際空港を経由して、同月16日午前9時頃、エバー航空第112便にて那覇空港に到着し 、前記犯則物件を隠匿して密輸入しようとしたが、税関検査において発見・摘発されたものである。 【参考(適用法条)】 関税法第109条第3項、第1項(輸入してはならない貨物を輸入する罪) 10年以下の懲役若しくは3千万円以下の罰金又は併科 【大阪税関】カナダ来国際郵便路線を利用した大麻製品(大麻と認める液状物)密輸入事件を告発!!(令和2年3月25日発表) 大阪税関は、カナダからの国際郵便路線を利用した大麻製品(大麻と認める液状物)の密輸入事件について近畿厚生局麻薬取締部と共同で調査を実施し、令和2年2月26日までに日本人男性3名を関税法違反で大阪地方検察庁に告発した。 被疑者は、成田国際空港に入国した際、 覚醒剤 約1.4キログラム 大麻 約3.2キログラム をスーツケースに収納した食品の缶詰6缶に分散隠匿して密輸入しようとしたが、税関検査において発見・摘発されたものである。 また、未着預託手荷物(スーツケース1個)内のナイロンポーチ合計5個にも 大麻 約22キログラム を分散隠匿しており、併せて押収したものである。 【沖縄地区税関】タイ人女性による覚醒剤密輸入事件の告発(令和元年10月30日発表) 沖縄地区税関は、令和元年10月30日、タイ王国から覚醒剤を密輸入しようとしたタイ人女性1名を関税法違反で那覇地方検察庁に告発しました。

次の